徳洲会心臓血管外科部会 「心外DB」活用し研究実施へ 活動方針にブランド力向上と教育環境改善

徳洲新聞2023年(令和5年)12/11月曜日 NO.1419より
詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。

徳洲会心臓血管外科部会 「心外DB」活用し研究実施へ 活動方針にブランド力向上と教育環境改善

徳洲会心臓血管外科部会は10月20日、宮城県仙台市で第8回会合を開催した。15病院から計24人の心臓血管外科医らが参加、徳洲会心臓血管外科データベース(心外DB)を活用した臨床研究の実施計画について発表があった。また部会活動方針なども示した。同19日~21日には同市内で第76回日本胸部外科学会定期学術集会が開かれ、徳洲会グループからは計21演題と多数の発表があり、「JATS Case Presentation Awards 心臓3」のセッションで、福岡徳洲会病院心臓血管外科の稗田拓朗医師が優秀演題賞を受賞した。

15病院から24人の心臓血管外科医らが参集

  • 徳洲会グループ 50周年記念し企画続々 書籍や動画で情報発信
  • 芦原・湘南鎌倉病院事務長 「優秀演題」で表彰 神奈川県病院学会
  • 白井・名瀬病院主任 特別国体で天皇杯
  • ロボット実装促進事業に3年連続採択 フロアサービスの拡充目指す 湘南鎌倉病院
  • サザンのライブで活躍 茅ヶ崎病院が救護活動

詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。