研修医の労働時間算出システム 「医師の働き方改革」で開発へ 徳洲会グループ

徳洲新聞2023年(令和5年)12/04月曜日 NO.1418より
詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。

研修医の労働時間算出システム 「医師の働き方改革」で開発へ 徳洲会グループ

徳洲会グループは2024年4月にスタートする「医師の働き方改革」の一環で、電子カルテのアクセス情報をもとに研修医(初期研修医、専攻医)の労働時間を算出するシステムの開発を行う。働き方改革では労働者の健康確保の観点から、客観的な方法により労働時間を把握することが義務付けられた。計画では電子カルテのアクセス情報と、タイムカードから得られた労働時間を照合し実際の労働時間を推定する。まず4~5病院程度の参加を想定。今後、実施病院を決め開始する。

「電子カルテのアクセス情報は客観的なデータとして役立ちます」と亀井総長

  • 徳洲会体操クラブ 全日本体操団体選手権 2年連続団体日本一 大会翌日に四日市病院慰問
  • 東上理事長 救急件数の増加が命綱 5年強で4強入りを目指す
  • 病気のはなし141 理解している医師が少ない 局所ジストニア
  • 日比野・湘南藤沢病院部長 徳洲会挙げ新型コロナ研究 最大3万例のデータ解析へ
  • 徳洲会グループ内向け 創立50周年記念パーティー開く 一致団結しさらなる社会貢献を誓う

詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。