岸和田病院消化器内視鏡チーム 「Japan Endoscopy Team」始動 所属病院にとらわれず全国へ応援診療

徳洲新聞2024年(令和6年)6/10月曜日 NO.1444より
詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。

岸和田病院消化器内視鏡チーム 「Japan Endoscopy Team」始動 所属病院にとらわれず全国へ応援診療

離島・へき地から都市部に立地する病院・診療所まで、積極的にグループ施設への内視鏡応援に取り組む岸和田徳洲会病院(大阪府)消化器内視鏡チーム。この4月、チーム名をJapan Endoscopy Team(JET)とした。応援先は27施設(25病院・2診療所)に上り、2023年の応援内視鏡件数は2万4,303件に達した。岸和田病院と応援先を合わせたJETとしての内視鏡件数は、過去最多の総計4万3,092件。遠隔内視鏡診療支援やAI(人工知能)内視鏡画像診断支援、ホンダジェット「徳洲ジェット」の活用など、続々と新たな試みを実行し、患者さんに貢献している。

「困っている患者さんがいれば全国どこへでも」と井上副院長

  • 16日に「徳洲会カップ」開催 グループ初のサーフィン大会
  • レソト王国の透析チーム 研修修了証を授与
  • 東上理事長 現状に変化を求める 必要性に気付きを!
  • 5月度 徳洲会グループ 医療経営戦略セミ iPS細胞を用い心筋再生治療 生着数十倍の“心筋球”移植 福田Heartseed社長が治験
  • 中島・成田富里病院部長 「小耳症」を解説 療養環境整備や情報発信に力

詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。