福岡病院 薬剤師レジデント制度スタート スケールメリット生かし独自プログラム

徳洲新聞2024年(令和6年)5/20火曜日 NO.1441より
詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。

福岡病院 薬剤師レジデント制度スタート スケールメリット生かし独自プログラム

福岡徳洲会病院は薬剤師レジデント制度を新たにスタートする。これは2年間の研修プログラムで、高度医療、離島・へき地医療に対応した臨床薬剤業務やチーム医療を実践することができ、科学的思考力を有する薬剤師の養成を目標としている。通常の採用活動と並行して募集を行っており、2025年4月に第1期生が誕生する予定。定員は2人で、新卒に限らず既卒でも応募可能だ。2年間という短い期間に、幅広い業務を経験し、高度な知識・スキルを習得できる機会を提供することで、薬物療法の質の向上に貢献していく考え。徳洲会グループ初の取り組みで、同院以外に千葉西総合病院も薬剤師レジデント制度の導入を計画しており、採用活動を開始する予定だ。

「徳洲会ならではの特色を生かし、魅力あるプログラムを提供します」と渡邊・薬剤部長

  • 宮古島病院 短歌で「接遇」を詠む “笑顔”取り入れる作品多数
  • 湘南鎌倉病院 事務職教育・支援体制強化 新卒1年目の離職率7%と大幅減
  • 病気のはなし151 耐性菌のまん延防止を 結核
  • 沖永良部病院 腹膜透析患者さんら交流 不安を解消し治療前向きに
  • 仲間・中部徳洲会病院部長が歌唱 4年ぶり院内コンサート

詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。