医療情報データベース「MID-NET」 新たに徳洲会10病院が協力 医薬品の安全性確保へ大きく寄与

徳洲新聞2024年(令和6年)5/7火曜日 NO.1439より
詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。

医療情報データベース「MID-NET」 新たに徳洲会10病院が協力 医薬品の安全性確保へ大きく寄与

徳洲会グループ10病院の医療データが4月、医療情報データベース「MID-NET」で新たに利用が可能になった。MID-NETに参画している徳洲会病院は合計20病院となり、医薬品の安全調査に利活用することができるMID-NETのデータは800 万人超(うち徳洲会は約480万人分)に増えた。

「データの提供を通じて医療の質向上に貢献していきます」と野村薬局長(左)、藤村部長(右)

  • 中部徳洲会病院バレーボール部 ストレートで17連覇達成
  • 徳洲会広報部会 SDGs分科会が勉強会 5月29日にWEB開催
  • 仙台病院が中学生職場体験 2年ぶり移転後初開催
  • 病気のはなし149 鑑別のABCDEルール ほくろと皮膚がん
  • 東上理事長 戦艦大和慰霊塔で献花 徳洲会が修復工事支援

詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。