回復期リハビリ病棟 奄美群島で唯一開設 徳之島徳洲会病院

徳洲会グループの医師・看護師の募集、求人、転職、復職の専門サイト「徳洲会人材センター」からのお知らせです。

徳洲新聞2018年(平成30年)10/8 月曜日 NO.1154より
詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。

回復期リハビリ病棟
奄美群島で唯一開設
徳之島徳洲会病院

徳之島徳洲会病院(鹿児島県)は奄美群島で唯一の回復期リハビリテーション病棟を開設した。同病棟は、脳血管疾患や大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ)骨折など急性期の治療を終えた患者さんにリハビリを集中的に実施する病棟を言う。ADL(日常生活動作)の向上を図り、在宅復帰を促進するのが目的だ。同院は島内外から積極的に患者さんを受け入れる方針で、これまで以上に離島医療の充実に貢献していく考えだ。藤田院長(前列左)、友野総長(同右)、永田副室長(後列右から3人目)と病棟スタッフ 同院は医療療養病棟の一部を回復期リハビリ病棟(37床)に転換し3月、4階に開設。一般病棟は120床、医療療養病床は42床という病棟構成となり、急性期から回復期、慢性期、在宅医療までトータルに医療を提供する体制が整った。  回復期リハビリ病棟では医師、看護師、リハビリ専門職、MSW(医療ソーシャルワーカー)、事務職など多職種が、患者さんの在宅復帰・社会復帰を目指しチーム医療を実践。院内の一般病棟から転棟する患者さんや、近隣の医療機関をはじめ鹿児島本土や奄美大島などで手術を受けた患者さんの術後のリハビリなど、島内外から

米科学誌が論文を高評価し
プレスリリース世界へ発信
大竹・湘南鎌倉総合病院副院長の研究

湘南鎌倉総合病院(神奈川県)の大竹剛靖・副院長兼腎臓病総合医療センター腎免疫血管内科主任部長の論文が、投稿先の米科学誌『Stem Cells Translational Medicine』で高い評価を受けた。同誌は国際的に有名な再生医療関連の学術誌。
プレスリリースには論文を紹介する文章とともに、大竹副院長(左)と小林・院長代行の写真も掲載

  • インドネシアでM7.5地震先遣隊を派遣して情報収集NPO法人TMAT
  • モーニングレクチャー終末期の対応や震えなどを学ぶ
  • 鈴木・徳洲会理事長ネバー・イベントプロジェクト発進
  • 新院長紹介
  • 腎移植 QOLが大幅改善田邉・東京女子医大病院院長兼主任教授診療にAI活用計画

詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。