宇治徳洲会病院 京都府から「高度救命救急センター」に指定 民間病院では全国2施設目・徳洲会グループで初めて

徳洲新聞2024年(令和6年)4/8月曜日 NO.1435より
詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。

宇治徳洲会病院 京都府から「高度救命救急センター」に指定 民間病院では全国2施設目・徳洲会グループで初めて

宇治徳洲会病院(京都府)は4月1日、京都府から高度救命救急センターの指定を受けた。とくに高度な診療機能をもち、通常の救命救急センターでは対応が困難な傷病の診療を担うのが高度救命救急センターだ。同府が同センターの指定を行うのは初。全国で47医療機関が指定を受けている(2023年12月時点)。ほぼ大学病院や県立病院など公立病院が占めており、民間病院では宇治病院が2施設目。徳洲会グループで初めて。同府南部の基幹病院として同院は救急・急性期医療に注力する一方、回復期・慢性期・在宅まで切れ目のない医療・介護提供体制の構築を進めるとともに、次はドクターヘリの基地病院を目指す。

「病院の診療機能を計画的に高めてきました」と末吉院長

  • 徳洲会7病院 新院長が誕生
  • 東上理事長 尊い命を預かり守る意識を 人のために人生送れる意義
  • 山北徳洲会介護医療院 “最期まで地域で”支える 開設から3年経過 堅調に推移
  • 中部徳洲会病院バレーボール部 宮古島で初のバレー教室 小中高生徒288人が参加
  • 湘南鎌倉医療大学後援会 “のぼり旗”で卒業祝福 湘南モノレールにヘッドマークも

詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。