徳洲会人材センターからのお知らせ

  1. img0101[1]
  2. img0101[1]
  3. img0101[2]
  4. img0101[2]
  5. img0101[1]
  6. img0101[5]
  7. 「どこか具合の悪いところはありませんか」、「顔色が良いですね」と患者さんに呼びかける水田副院長。モニターには患者さんの表情(左側)や血圧などが映し出される
  8. 「治療すれば回復する声はたくさんあります」と國部・主任部長
  9. 「一人ひとりの患者さんに丁寧に対応していきたい」と亀井総長(左から2人目)
  10. 「患者さんやご家族に希望の光を届けたい」と小林・院長代行
  11. img0102
  12. プログラムごとに話し合い各グループが発表
  13. 患者さんの状態を確認する藤原院長(左)。リンパ浮腫研修も修了している
  14. 「今後も良いリハビリを」と南部病院スタッフ(後列左から4人目が松原部長)
  15. 「地域の方々と未来の外傷医療に貢献したい」と土田センター長