武蔵野病院 尿路結石に最新治療「ECIRS」 TUL・PNL併用し身体への負担軽減

徳洲新聞2022年(令和4年)10/31月曜日 NO.1362より
詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。

武蔵野病院 尿路結石に最新治療「ECIRS」 TUL・PNL併用し身体への負担軽減

武蔵野徳洲会病院(東京都)は尿路結石の最新治療であるECIRS(経皮的経尿道的同時破砕術)を開始した。7月に入職した大岩祐一郎・泌尿器科医師が同治療を担当。TUL(経尿道的腎尿管結石破砕術)とPNL(経皮的腎尿管結石除去術)を同時に行う治療法で、双方のデメリットを補い、身体に優しい結石治療が可能だ。同院は昨年6月に「尿路結石治療24時間センター」を開設、奴田原紀久雄センター長を中心に、あらゆる尿路結石症の患者さんに対応。

「ECIRSは体に優しい結石治療です」と大岩医師

  • アジア諸国など 放射線医療の向上に貢献 「JCRフェロー」授与 田尻・葉山ハートセンター医長
  • 野崎病院 PCR検査件数が全国有数 附属研究所研究員 ノウハウを伝授!
  • 病気のはなし106 乳幼児にも接種開始 新型コロナワクチン
  • 野崎・宇治・館山病院関連 サ高住・老健開設へ 地鎮祭や安全祈願祭 医徳が介護事業を拡充
  • 大垣病院 「腎臓リハビリ」強化 ベッドサイドでPTが透析中に実施

詳細は「徳州新聞ニュースダイジェスト」をご覧ください。