5月1日フルオープン。新・茅ヶ崎徳洲会病院について

5月1日にフルオープンします

旧・茅ヶ崎徳洲会総合病院(神奈川県)の跡地で新築工事を進めてきた新・茅ヶ崎徳洲会病院が5月1日にフルオープンします。

徳洲会グループは今年、4病院を新設する予定で、そのトップバッターとなるのが茅ヶ崎病院です。

同院の開院により、グループ病院は70院となります。

新・茅ヶ崎徳洲会病院とは

ダウンロード

新しくオープンする茅ヶ崎徳洲会病院の概要です。

  • 敷地面積7788.63㎡
  • 延床面積2万909.52㎡
  • 地上7階・地下1階建て
  • 病床数132床
  • 内科、外科、小児科、産婦人科、整形外科、循環器内科、救急外来(ER)、透析室(40床)、内視鏡室、健診センター、剖検室など
  • 手術室4室
  • 駐車場120台

 地域医療に貢献していきたい

野口院長は「茅ヶ崎病院は徳洲会が関東で初めて開設した由緒ある病院です。その跡地に新病院が建ちます。旧・茅ヶ崎病院が新築移転し現在、診療を行っている湘南藤沢病院や、地域の開業医の先生方と連携しながら、地域医療に貢献していきたい」と展望を語りました。

徳洲会は地域の医療向上にこれからも全力で取り組みます。

よろしくお願いいたします。